神奈川県(横浜市)、東京都近郊のこだわりの注文住宅・新築一戸建て ラ・カーサYOKOHAMA株式会社

こだわりの品質

ラ・カーサの家づくりのこだわりはデザインだけではありません。

耐震・省エネルギー・耐久・維持管理の各性能は最高ランク対応。

快適で安全な住まいづくりに妥協はしません。

  • 耐震性

  • 快適性

  • 太陽光

  • アフター

  • 集成材
  • 高強度接合金物
  • 全棟構造計算

「耐震強度1.5倍」とは、日本住宅性能表示基準の耐震等級の最高レベルである3に該当し、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力の1.5倍の力に対して建物が倒壊・崩壊しない程度の強さであることを示します。建築基準法で定められた最低限必要な耐震強度1.0に対し1.5倍の耐震強度基準を満たした建物です。

耐震性を求めて開発されたパーワービルド工法。

リフォームの負担軽減

「パワービルド工法」は、一歩進んだ木造軸組み工法で、木の良さを生かしたまま、住まいとしての品質を高めています。その特徴は、高い強度と耐久性を誇り、歪みやくるいの少ない最新技術の「構造用集成材」と高強度の「オリジナル専用金物」の使用です。耐久性を高めるために、厳選された木を組み合わせてつくられる構造用集成材の基本原理は、古い寺院の柱などにも使われています。また、「パワービルド工法」は、構造用集成材に加え、接合部にオリジナル専用金物を使用することで、木造軸組み工法の建築性能をトータルにパワーアップ。将来への対応、安全性への配慮、信頼のシステム、環境への配慮などを高い次元で実現しているのが特徴です。

耐震性を求めて開発されたパーワービルド工法。

耐震性を求めて開発されたパーワービルド工法。

※耐震等級3:プランによっては対応出来ない場合がございます。

  • 次世代省エネルギー基準
  • 高気密・高断熱
  • 空気環境・エコ

パワーホームは冬暖かく、夏涼しい家

次世代省エネルギー基準の家のメリット

次世代省エネルギー基準は、住まいの省エネルギー性を高めるための基準ですが、同時に「快適さ」「健康的」「省エネルギー」「耐久性」の4つのキーワードで表される、質の高い住まいを建てることが主な目的となっています。そのための手段として従来よりも一段と高い断熱気密性が求められているのであり、断熱気密以外にもさまざまな工夫を推奨していることが特徴です。つまり住まいづくりの知恵を総結集してより質の高い住環境を実現していこうというものです。

「快適さ」「健康的」「省エネルギー」「耐久性

夏は涼しく、冬は暖かくお過ごしいただくために優れた断熱窓や断熱材で、快適な室内環境を維持します。

地球温暖化を実感する夏や寒冷地での暮らしを考えて気密性・断熱性を高めていったら
次世代省エネルギー基準をクリアする性能につながりました。

高気密・高断熱

熱を伝えにくくしている断熱材
熱を伝えにくくしている断熱材

グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。高性能グラスウールは、一般のグラスウールに比べ繊維径が細く、本数が多いので、断熱性能がさらに向上しています。

熱を伝えにくくしている断熱材

グラスウール

グラスウールは、経年変化の少ないガラスからつくられています。長期間たっても性能劣化の少ない断熱材です。建築後約18~22年経った木造住宅の壁の中のグラスウール(当時の商品)を調べたところ、寸法、断熱性能とも変化なく、変わらない性能を保っていることがわかりました。

室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、外側に耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用した複合構造により、高い断熱性を発揮します。

Low-E複層ガラス

室内側ガラスコーティングした特殊金属膜により、一般複層ガラスに比べて約2倍の遮熱効果を発揮します。夏の暑い日射しを約60%カットし、冷房効果を高めます。紫外線もカットするため紫外線による日焼けも抑制。さらに、Low-E複層ガラスは結露対策にも役立ちます。

Low-E複層ガラス

24時間換気システムを採用

快適な暮らしを実現するためには、室内の健やかな空気環境が大切。家全体の空気を常に新鮮に保つためには、常時換気のできるシステムが必要です。居室内に新鮮な空気を取り入れ、トイレや廊下などで汚れた空気を外部に排出させるために、それぞれに換気扇を設け、安定した換気を行うシステムを採用しています。台所や浴室等空気がこもりやすい場所には、別途換気設備を設けています。

24時間換気システム

  • 経済性
  • 環境への配慮
太陽光発電システム(オプション)

今、自然エネルギーに対する関心が急速に高まりつつあります。そのなかでも、現在とくに注目されているのが、太陽光発電システムです。環境にも家計にも優しい家づくりに取り組んでいます。

当社グループの一員であるスマートパワー株式会社がシステムのご提案からアフターサービスまで、
トータルでバックアップサポートします。

http://www.smart-power.co.jp/

余った電気を売る仕組み
余剰電力の買取り

太陽光発電システムから発生する余剰電力(自家消費した分を差引いたあまりの電気)は、電力会社が買取をしてくれます。

太陽光発電システムから発生する余剰電力(自家消費した分を差引いたあまりの電気)は、電力会社が買取をしてくれます

電気の供給がストップした場合も、太陽光発電システムがあれば昼間の時間帯は電気を使うことができるので安心です

太陽光発電システムは停電時に自立運転に切り換えることで、太陽光で発電している電気を自立運転コンセントから使用することができます。
電気の供給がストップした場合も、太陽光発電システムがあれば昼間の時間帯は電気を使うことができるので安心です。

※停電時は電気事業法上、電気を流せない為、室内のコンセントは使用できません。自立運転コンセントのみ使用可能です。

  • アフターサービス
  • 住宅履歴

住んでからも安心していただくために。お客様の大切な家を、一緒に守り続けます。

アフターサービスの提供

大切な資産を守るパートナーとして質の高いアフターサービスを提供しています。
構造耐力上、主要な部分と雨水の侵入防止には10年間、各部位・設備ごとに適用期間を設けて保証します。

定期点検

プロパティオン株式会社が管理する住宅履歴情報システム「プロパティオン」に登録されます。 これは、お客様の大切な住まいのあらゆるデータ、住宅履歴情報(いえかるて)をウェブ上で一括管理するためです。施主様が住宅履歴を蓄積していくことにより、将来のリフォームや修繕計画に役立てていただけます。また、住まいの点検時期や設備機器などのリコール情報などをメールでお知らせするほか、将来、ご売却をされる際に必要となる書類の保存や住宅履歴内容のご説明にも役立ちます。